埼玉県さいたま市の和太鼓集団です。幼稚園年長さんから大人の方まで、会員募集しています。

活動理念

彩の国浦和ひびけ太鼓では、日本の伝統楽器である和太鼓の演技を研き、また活動の中から各自がその精神を築くことを活動理念としている。
各自が互いの役割と責任を果たし、音と技を合わせる表現への集中力を養い、演技の素晴らしさを披露し、地域催し活動に出演しながら自己実現への人間形成を図る事を目的とする。

練習内容

一例です。

13:00集合・準備・挨拶
13:00~13:20「基礎打ち」
13:20~13:50「曲打ち」練習
13:50~14:00休憩
14:00~14:20「初午」練習
14:20~14:50「隼」練習
14:50~15:00片付け・集合・挨拶・解散

曲紹介

初午 さいたま市の隣、川口市の初午太鼓は、今も伝わる川口の伝統芸能です。
河野先生の指導の下、伝統の太鼓を子ども達が奏でます。
組太鼓 中太鼓・締太鼓のかけあいが聞くに美しく、中太鼓の乱れうちは目に華やな、迫力のある組太鼓です。
河野先生の作品です。
恋鯉 畑中先生が浦和ひびけ太鼓の為に作曲した組太鼓です。
第一楽章は行進曲として作ったリズミカルで楽しい曲です。
第二楽章は我々の大事な浦和が永久に栄えるようにという願いをこめて「和栄宝」という掛声をかけます。
第三楽章はテンポが速くなりフィナーレに向け一気に駆け抜けます。
隼は鳥類の中で最も速い鳥。
その隼のように素早いリズムを刻む。
緊張感のある曲です。
畑中先生の作曲です。

↑ PAGE TOP